妊婦が受けるときに大事なこととは

妊婦が足つぼマッサージを受ける時妊娠経過知る産婦人科医へ相談、許可が必要となり、原因により緩和ささせたいと思った症状が逆に悪化するケースがあります。自己判断でサービス受けないでかかりつけの産婦人科医にどういった症状があってどうしたいか伝えてください。足つぼマッサージはサービス提供者によって定義が異なってきて妊娠中足つぼマッサージ受けられる時期、期待できる効果も異なってきます。そして、リフレクソロジーは反射区と呼ぶ体表面の領域はすべて各臓器に連動してるといった解約であり、子宮に対応する反射区刺激して妊娠に影響がないように注意喚起してるサービス提供者がいたりします。そして、妊婦に対し足つぼマッサージ実施はサービス提供者によりかんがえが異なって妊娠初期から臨月まで問題なく足つぼ指圧できるとするようなサービス提供者もいたりします。一方妊娠中足つぼ専門の担当者いるときだけ足つぼマッサージ行うこともあります。かかりつけ産婦人科医と相談して何時までなら足つぼマッサージしてもいいのかチェックしてみてください。また、一般に妊娠初期に当たる妊娠4か月までは施術避けて安定期に入る妊娠5か月以降から臨月に入るまでに施術受けること推奨のサービス提供者が多いです。

ホームに戻る