自分でもできる足裏マッサージ

足裏マッサージで期待できる効果としては、血流やリンパの循環を促進することで、足のむくみや冷え性を改善したり、便秘を回避したり、ストレスを解消できたりします。実際、足は第2の心臓と呼ばれており、足裏も全身に刺激を与えて健康を維持しているといえます。例えば、親指を頭として親指の付け根が首、かかとへ向かって気管支、肺、胃、腸から膀胱とツボが並んでいます。
 そんな足つぼマッサージは自分でも行うことができます。最初は軽い刺激から始め、徐々に強い刺激に変えてゆき、 押す時に息を吐きます。風呂上がりの血液循環がよい時が効果的ですが、そうでない場合は足を暖めてから行います。マッサージは両足まんべんなく、足全体を軽く揉み、指を一本ずつ、足の指の付け根をしっかり揉みます。特に痛いなと感じる所は悪い部分なので重点的に揉みほぐす必要があります。足の甲・くるぶし・足の側面に移り、すねの外側から膝に向かって揉み、膝裏をしっかり揉みます。アドバイスとしては、片足ずつマッサージするので、片方の足を冷やさないようにすることです。毎日やることによって少しずつマッサージすることによって、体の調子が変わってくると思うので、粘り強く続けましょう。

品川リンパの壺の公式ホームページ
品川発の出張マッサージ店でアロママッサージの施術が受けれます